• facebook
  • twitter

自治会型デイホームの活動紹介(清水東地区)

福井市社協からのお知らせ キーワード:,

留学生と交流する参加者

 清水東地区では国際交流員である中国の20歳代の女性、龔希明(きょうきめい)さんに来ていただきました。
 最初は外国の方ということで、皆さん緊張された様子でしたが、クイズ形式で中国の文化、生活 習慣などをお聞きしました。お話していると段々和んでいき興味を持 ちながら、皆さんから国旗の意味などいろいろ質問されて いました。
 印象に残った話には、中国のあいさつの言葉で「ご飯を食べましたか」とも言うそうです。このように人
種、民族、文化、言語などの違いを越え対話を通じ、日本の高齢者と中国の若い女性との間に相互理解が生まれました。短い時間でしたが名残惜しみつつ、早速習った中国 語で「再見(ざいじぇん)(さぃじぇん)!!」(また逢いましょう!)で見送りました。 
アジアの隣人、龔さん!「謝謝(しぇいしぇい)!!」

清水東地区専任職員 松本 まり子