• facebook
  • twitter

福祉委員スキルアップ研修会を開催しました

福井市社協の活動

スキルアップ研修会
福祉委員スキルアップ研修会を開催しました。

5月25日(土曜日)福井市文化会館において、福祉委員や民生児童委員、地区社協役員の方々を対象に、見守り先進地の実践と考え方を学び、これまでの見守り支援活動の振り返りと、これからの活動の参考にしていただくため、「福祉委員スキルアップ研修会」を開催しました。
講師に、滋賀県大津市の藤尾学区社会福祉協議会(福井市では地区社協)の片岡定男会長はじめ3名をお招きし、「おまかせパトロール」を中心として学区内で展開している福祉委員の活動についての現状と課題を学びました。

福井市においても高齢化や核家族化を背景とするひとり暮らし高齢者や支援が必要な方が増えています。
福井市社会福祉協議会では、自治会ごとに福祉委員を設置し、福祉問題の予防や早期発見・早期対応、対象者の孤立感・孤独感の解消、地域の多くの人に福祉の取り組みの周知などの近隣住民による「見守りあい」「支えあい」の活動を推進しています。
先進地である大津市の取り組みをお聞きし、参加者からは「あらためて、地域の助け合い活動の大切さが分かった。今後の活動の参考にしたい。」「今までの活動を振り返り感極まった。」と涙ぐむ一幕もあり、今後のさらなる活躍に期待がふくらみます。