• facebook
  • twitter

役員視察研修

福井市社協の活動

視察研修の様子

地域福祉活動の拠点のあり方を学ぶため、2013年5月2日(木)、当会の役員・職員合計15名で視察研修を行ないました。 行先は、 勝山市の福祉健康センター「すこやか」と金沢市の「金沢市松ヶ枝福祉館」です。

すこやかの全景


勝山市の「すこやか」では、同じ建物に市の福祉部門と市社協が同居し、相談支援の充実をはじめ、様々な事業やイベントにおいて連携している状況を学びました。



金沢市松ヶ枝福祉館の玄関


金沢市の「金沢市松ヶ枝福祉館」では、小学校の統廃合によって空いた校舎を地域福祉の拠点として、「総合相談事業」や「ボランティアセンター事業」等を行なう市社協や各種当事者団体が活用している状況を学びました。



福井市社協としては、両市の状況を参考に、これからの地域福祉活動の拠点のあり方について研究を深めてまいります。