• facebook
  • twitter

おしゃれ講座を開催しました

福井市社協の活動

セーレン(株)の化粧品シリーズで学びます
 12月3日(土曜日)、「おしゃれ講座」に40代から60代の聴覚障害の方々7名が参加され、お肌のお手入れ方法を学びました。

 

 “おしゃれ”にはさまざまな力が隠れており、明るい気分になったり、気持ちが引き締まったりします。そこで、福井市障害者生活支援センターでは、お化粧を通して、心がウキウキし、お楽しみ事や外出の機会が増え、よりいきいきした生活がおくれるように昨年に続き、おしゃれ講座を開催しました。
 今回は、福井県企業等ボランティア・社会貢献連絡会会員である、セーレン株式会社の社員3名が講師としてご協力してくださいました。
 創業当時から絹に携わってきたセーレン株式会社では、研究を重ね、繭に含まれる天然美白成分「セリシン」を生かしたコモエース化粧品を開発・販売しており、当日は、その化粧品を試供しながら、メイクの基本となるお肌のお手入れ方法を学びました。
セーレン(株)の社員が講師です

 当日は、参加者の前に講師の一人がモデルとなり、まずは、メイク落としから開始しました。エステの専門家とあって、メイク落としと併せて顔のツボやリンパの流れにそったマッサージ方法なども丁寧に教えてくださいました。
                                    メイク落としから教わります

 参加者の皆さんは、一人ひとり、実際に洗顔後、講師の指導とモデルの手の動かし方を参考に、たっぷりの化粧水や乳液をつけ、お肌の手入れを体験しました。そして、肌の潤いやキメが整った柔らかい肌を実感し、皆さん驚いておられたようです。最後に、アイメイクのワンポイントアドバイスもいただきました。
 繊維会社が化粧品を開発・販売していることに驚く参加者もいましたが、「その日一日、しっとりとした肌だったわ」、「教えていただいたように、たっぷりの化粧水を顔に与えてあげ、首筋まで気をつけています」との感想が届きました。
 今年も寒い冬ですが、外出する機会も増え、出会いが広がると嬉しいです。