• facebook
  • twitter

赤い羽根募金運動が始まりました

福井市社協の活動

  開始式

 今年で65回目となる赤い羽根共同募金が、10月1日から全国一斉に展開されました。キャッチフレーズは「今年、支えあうことの大切さを知った。」です。

 3月11日に発生した東日本大震災はあまりにも甚大でした。今年度の共同募金運動は、引き続き被災地への支援を行いつつ、助け合いの心を再度皆さまに訴えながら日頃の地域福祉の推進のために、募金運動を展開していきたいと思います。
 今年度の福井市の目標額は、2,810万円です。福井市共同募金委員会では、本年も、自治会長を通じて世帯を対象にした戸別募金、地区社会福祉協議会を通じた大口募金のほか、職域募金や学校募金、市内のショッピングセンター等での街頭募金や、各地区で開催される福祉まつり等、さまざまな方法で募金を呼びかけています。
 
  募金風景
   (10月1日エルパにて)

 皆さまから寄せられました募金は、実績額の50パーセント以上が福井市を活動区域とする社会福祉協議会、NPO、福祉関係団体に助成されますとともに、福井県共同募金会を通じ、県内の民間社会福祉施設、福祉関係団体への事業費等として助成されます。
 今年も、皆さまの温かいご支援・ご協力をお願いいたします。