• facebook
  • twitter

赤とんぼ「ミュージツクケア」の開催

福井市社協の活動 キーワード:,

子どもたちが鳴子をならして楽しんでいます。
  6月3日(木曜日)子育て支援室「赤とんぼ」では、黒川洋子さんをお招きし、ミュージックケアを開催しました。

 この日は、未就園児の親子29組の参加がありました。
  初めに、 参加者みんなが先生を中心に輪になり、子どもたちは鳴子を片手に、リズムに合わせながらカタカタと鳴子の音感を楽しんでいました。
  ビニール袋のふわふわ感わ楽しむこどもたちの様子     
   次に、ビニール袋を床いっぱいにひろげました。子どもたちは、抱えきれないほどのビニール袋を空中にふわっと舞い上げては、次から次へと舞い下りてくるビニール袋に、子どもたちは大はしゃぎ。音楽を聴きながら、ビニール袋のフワフワした感触を楽しんでいました。
  しゃぼん玉をつかもうと大奮闘するこどもたちの様子
   最後に、童謡にあわせてシャボン玉を吹きました。子どもたちは舞い上がるシャボン玉を追いかけます。 シャボン玉に手が届くと、それををつかもうと大奮闘。
   赤とんぼに来ている子どもたちは、今日も元気いっぱいでした。

   ミュージックケアに取り組んでいる黒川さんは、「子ども向けのミュージックケアは、発達段階に応じて体を動かすことで、子どもの成長の助けになります。曲によって情緒が育ち、いろんな人と出会うことで、子どもたちの社会性が育ちます。これからも、子どもたちの笑顔をつくる活動を応援したいです」と話されていました。

  「赤とんぼ」は、月曜日から金曜日の10時から16時まで(10月から3月は15時30分まで)のあいだ開催しています。お気軽に遊びに来てください。

  子育て支援室赤とんぼについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。