• facebook
  • twitter

広報紙作成講習会を開催しました

福井市社協の活動

講習会風景1


8月11日(木曜日)、地区社協連絡協議会が地区社協役員・事務局を対象に広報紙作成講習会を開催しました。

講師に、株式会社ウララコミュニケーションズの杼木健太朗さん(月刊URALA編集長)をお招きし、月刊URALAの歴史や製作過程、実際に杼木さんが取材した記事を見ながら、取材のポイントや写真の撮り方などを教えていただきました。
講習会風景2
各地区社協で広報紙の担当をされている参加者の方からは、「高齢者から若い世代まで地区のみんなに読んでもらうにはどうしたらいいか」や、「写真をとりあえず撮るが、広報紙に掲載するときにどの写真を載せようか迷う」、「編集後記は必要か」などという質問がありました。
杼木さんからは、「コンセプトを大事にし、見出しや写真の見せ方、使い方を工夫して、皆さんに読んでもらえる広報紙を作ってみてください」とアドバイスをいただきました。
講習会風景3
次に、「突撃!隣の人物図鑑~人生のクライマックスは?~」というテーマで隣り合った参加者同士が、記者になって取材をしあいました。取材の結果は、1枚のA3見開きページにレイアウトなどを考えながら原稿を作成し、できあがった原稿の講評をいただきました。
親切に指導を受ける様子
最後に各地区社協で発行した広報紙の講評をいただきました。今回の講習会を通じて、参加者の皆さんは魅力ある広報紙づくりに意欲を見せていました。