• facebook
  • twitter

「赤とんぼ」で一足早く節分を楽しみました

福井市社協の活動 キーワード:

折り紙で作った鬼で遊ぶ様子


1月27日(水曜日)子育て支援室「赤とんぼ」で、26組の参加者が一足早く節分を楽しみました。

はじめに、折り紙でつくった鬼を毛糸につけ、糸を引っ張ると鬼が上へのぼっていくおもちゃを作り、おばあちゃんやお母さん、お友達と楽しそうに糸を引っ張っていました。
   親子で鬼の折り紙作製の様子    お友達と仲良く毛糸をひっぱります
次に、豆まきの紙芝居を見て、自分の中に隠れている泣き鬼やいやいや鬼、好き嫌い鬼を退治しようと、「豆まき」の歌を歌い、鬼退治をしました。
   鬼退治の様子     みんなで体操
鬼退治の後は、みんなで「鬼のパンツ」を踊り、アンパンマン体操をしました。
毎日利用されている山口栄子さんは、「3人家族で実家も遠いが、ここに来れば他のお友達とふれあうこともできるし、子育てのアドバイスもしてもらえる。子どもが楽しそうに過ごしているのがなによりうれしい。」と話していました。

子育て支援室「赤とんぼ」  くわしくはこちらからどうぞ。