• facebook
  • twitter

一般事業主行動計画

福井市社協とは

職員が仕事と子育てを両立させることができるよう、働きやすい環境を整備することによって、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするために、「次世代育成支援対策法」に基づき、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間   3年間(平成29年4月1日~平成32年3月31日)

2.計画の内容(目標)
(1)雇用環境の整備のために、育児休業者への職場復帰支援をする。
  ①電話やメールなどにより、育児休業中の職員に各事業の情報提供を行う。
  ②本人の希望により、復職前に上司との面談を行う等相互理解の場を設ける。
(2)雇用環境の整備のために、小学校就学前の子をもつ職員が利用できる制度を拡充する。
  ①子の看護のための休暇取得の現状を把握する。
  ②小学校就学前の子をもつ職員が子どもや家族との時間が持てるように、時間外労働の
   制限や勤務時間短縮措置の活用を促す。
  ③職員の子どもに急病など予測ができない事態が発生したとき、当該職員が子の看護が
   できるよう速やかに支援体制の確保に努め、当該職員の休暇の取得を促進する。
(3)ワークライフバランスと心身の健康の維持を図るため、所定外労働時間の削減を図る。
  ①ノー残業デーの周知及び実施を徹底する。
  ②所定外労働の要因を個人別に把握し、各課において問題点を検討する。
  ③時差出勤を活用し、所定外労働時間の短縮を図る。
  ④特定の職員に業務が偏らないよう、適正な業務分担かつ適正な人員配置を行う。
(4)ワークライフバランスと心身の健康の維持を図るため、年次有給休暇の取得促進を図る。
  各課で計画的な年次休暇の取得への取組を進めるとともに、学校行事や家族の記念日
  など子どもや家族と過ごす時間のための年次休暇の取得を促進する。